西島悠也の福岡の無知から成功したワケ

西島悠也|雑草魂が未来を変える

 

西島悠也

 

 

雑草は引っこ抜かれても、刈られても、踏まれても、コンクリートをのせられても、隙間から力強く生えてくる。環境がどんなに悪くても、力強く生き抜いているのが雑草だ。

 

その雑草が由来して「踏まれても丈夫な雑草のように。環境がどんなに悪くても粘り強く続ける精神を持ち続けること。」
いわゆる家柄や金持ちやエリートや高学歴ではなくとも、雑草のような育ちの人が努力してはい上がることを雑草魂と呼ぶようになったのだ。

 

この雑草魂が未来を変えると私は思う。

 

雑草魂の代表的な人物といえば田中角栄だろう。
彼は小卒という今では信じられないような学歴だが内閣総理大臣にまで上り詰めた。
会話術が飛び抜けておりカリスマ性を持った人物だった。
恵まれた環境に育った人と違い雑草魂は強い心を持ち、庶民に目を向け行動を起こす強さを持っている。

 

彼のような雑草魂があれば、どんな環境や不遇な家庭環境であったとしても上へ登りつめることが出来るだろう。そしてそんな雑草魂を持った人には様々な人が支援してくれるはずだ。

 

環境のせいにせず雑草魂で上を目指してみよう。

 

page top